東京海上日動

東京海上日動の自動車保険「トータルアシスト」は、「事故の防止から事故後のケアまで、契約者を◎(まる)ごと守る」というコンセプトのもと、一般的な補償の上にさらに様々なアシスタンスサービスを付加して、総合的なサポートを提供しています。

自分自身の補償、相手方への賠償、車の補償などの一般的な補償内容に加えて、「事故防止アシスト」、「もらい事故アシスト」、「ロードアシスト」、「事故現場アシスト」、「入院時選べるアシスト」、「メディカルアシスト」の6つのアシスタンスをプラスした保険商品となっています。

基本的な補償の部分については、使用目的、免許証の色、同居家族の運転者年齢など、保険料の設定の細分化もされていますので、自分に不要な補償を削って保険料を安くすることも可能です。

上記のように、東京海上日動は一般的な事故補償に加えて様々なサービス、特約が充実しているので、カーライフの総合的なサポートが欲しいという方に向いているでしょう。

東京海上日動に対応している見積もりサービス

詳細»

損保ジャパン

損保ジャパンのニーズ細分型自動車保険ONE-doは、「えらぶ自動車保険」ではなく「つくる自動車保険」ということをコンセプトにしており、契約条件を細分化することによって一人一人のニーズに合った最適な自動車保険をつくることを可能にしています。

さらに、完全キャッシュレス化された保険料の支払や、契約時の年齢条件の変更予約など、契約手続きを簡単シンプルにしているのが特徴です。

「使用目的(3区分)」、「年齢条件(6区分)」、「免許証の色(2区分)」などの細分化された契約条件によってきめ細かな設計が可能になっていますし、補償内容についても、「人身目撃情報収集費用特約」や「保険料サポート」、「盗難対策費用特約」など新たなサービスが追加されています。

一括見積もりで絞り込んだ上で損保ジャパンに決めた場合には、損保ジャパンのサイトで更に詳細な補償内容を吟味しながら何度か保険料を試算して、自分に最適な契約条件を決定すると良いでしょう。

損保ジャパンに対応している見積もりサービス

詳細»

三井住友海上

三井住友海上の自動車保険MOSTファーストクラスは、充実した補償ときめ細かいサービスを提供して様々な局面でサポートする、ワンランク上の自動車保険という位置づけで売り出されています。

「対人・対物賠償保険」+「人身傷害保険」+「車両保険(事故・故障付随費用保険付き)」の基本補償に、「緊急ヘルプサポート」+「愛車セット」+「人身傷害プラス」のMOSTファーストクラス専用補償・専用サービスが加わり、事故・故障発生から解決まで、それぞれの局面でスムーズに契約者をサポートしてくれます。

対人・対物賠償保険の保険金は無制限ですし、臨時運転者特約、他車運転危険担保特約が自動付帯されていますので、「貸しても安心」「借りても安心」な自動車保険と言えると思います。

三井住友海上に対応している見積もりサービス

詳細»

あいおい損保

あいおい損保の自動車保険トップランは、「補償も、サービスも、納得の保険料も、自動車保険の一歩先へ」をキャッチフレーズに開発された個人総合自動車保険です。

大きな特徴としては、事故解決をなるべく早く済ませるための特約のセット、「スピード解決3兄弟」があります。
「スピード解決3兄弟」は、示談交渉が長期化して解決に時間がかかることの多い人身事故を円満にスピード解決するための「対歩行者等事故傷害補償保険特約」、対物事故を迅速解決するための「対物差額修理費用担保特約」、もらい事故を安心解決するための「弁護士費用等担保特約」の3つの特約を自動付帯あるいは付帯を推奨するものです。

特に自動付帯される「対歩行者等事故傷害補償保険特約」は、示談交渉が難航し長期化することが多い双方に過失がある人身事故の場合にも、わずらわしい示談交渉を極力避けることができるようになるので、万一事故を起こしてしまった場合にはできるだけ円満・迅速に解決したいという人におすすめと言えるでしょう。

あいおい損保に対応している見積もりサービス

詳細»

ソニー損保

ソニー損保は、代理店を介在させず契約者と直接取引をするダイレクト販売方式を採用しています。従って、代理店の仲介料、管理費などの経費がかからない分、従来型の自動車保険に比べて保険料は割安となる傾向にあります。

更に、年齢、運転免許証の色、クルマの型式、使用目的、年間走行距離などによりリスクを細分化して、一人一人に合った条件で保険料を算出することにより、合理的な保険料を実現しています。

例えば、運転者年齢条件が26歳以上または30歳以上の条件付契約の場合、記名被保険者の年齢が26歳〜49歳あるいは30歳〜39歳だと保険料水準が最も低くなります。

年間走行距離については、5区分に分けて保険料を算出しており、年間11,000km以下の人なら通常より安くなる設定になっています。7,000km以下ならもっと安くなり、3,000km以下になるとかなり安くなります。

使用目的については、家庭用と業務用に分けられており、家庭用の方が安くなります。

さらに、「ゴールド免許割引」、「新車割引」、「インターネット割引」などの割引があります。

上記以外にも、ソニー損保は、“FEEL THE Difference”というモットーが示すように、今までにはない新しい仕組みを取り入れることに積極的で、他社にはない独自路線の商品・サービスを展開しているのが特徴です。

ソニー損保に対応している見積もりサービス

詳細»

三井ダイレクト

三井ダイレクト損保の自動車保険は、ライフステージに合わせて「必要な分だけ、できるだけ安く」提供することを特色として打ち出しており、より安い保険料でジャストサイズの補償を提供する“節約型の”自動車保険と言えると思います。

徹底したコスト削減と細かくリスク細分化された保険料体系を採用することにより、20歳代の若い人や、走行距離の多い人、免許証の色がゴールドでない人にも、納得の保険料を実現しています。従って、一般的に保険料の算出条件が良くないと考えられる人も、かなり割安な保険料となる可能性があります。

サービスの充実度という面では他社に劣る部分もありますが、「どうせ使わないサービスは要らないので、必要最小限の補償をできるだけ安い保険料で受けたい」という人に向いていると言えるでしょう。

三井ダイレクトに対応している見積もりサービス

詳細»

そんぽ24

そんぽ24の自動車保険は、「補償内容がわかりやすいこと」、「保険料が納得できること」、「すべての手続きが簡単なこと」の3つをセールスポイントとして打ち出しています。

補償内容については、他社と比べて特に大きく異なる部分は見当たりませんが、言い換えれば、基本的な補償がきちんとサポートされているということで、分かりやすさを実現していると言えるでしょう。

保険料については、独自の料金システムに基づいて、年齢や、車の使用目的、年間走行距離など、契約者の一人一人の条件に沿った保険料を算出し、運転スタイルにフィットした保険料を提案しています。

また、1年間無事故の人に特別割引が適用される制度などは、そんぽ24の自動車保険の特色の一つといえます。前年無事故で継続契約をする人は保険料が安くなる可能性があるでしょう。

更に、最新システムを導入して、電話やインターネットを通じて契約者に直接サービスを行うようにすることで、手続きの簡便さを実現すると共に、余分なコストを削減して保険料に還元しています。

そんぽ24に対応している見積もりサービス

詳細»

アクサダイレクト

アクサダイレクトの自動車保険は、インターネットやコールセンターなどを活用して直接契約者と取引する(ダイレクト販売)ことで中間コストを削減して全体的な保険料を下げると共に、リスク細分化を行うことで契約者のカーライフスタイルに合わせたより適正な保険料で補償を提供していくことをセールスポイントとしています。

保険料の算出に当たっては、使用目的、免許証の色、予想最大走行距離、住まいの地域、年齢・性別、車齢など、契約者のリスクをきめ細かく保険料に反映しています。
リスクが細分化されていることにより、より事故のリスクが低い分類に当てはまる人(ゴールド免許、休日しか乗らない、走行距離が少ない等)は、従来型より保険料が安くなる可能性があります。逆にリスクが高い方に分類される人は保険料が高くなる可能性もあるので、必ず同条件の見積もりで保険料を確認をするべきでしょう。

大体の保険料を知りたい人には、アクサダイレクトのサイトに「保険料スピード診断」が用意されていますので、自動車保険の相場を見る意味で、見積もりを取る前に試してみるのも良いでしょう。

アクサダイレクトに対応している見積もりサービス

詳細»

アメリカンホーム・ダイレクト 

アメリカンホーム・ダイレクトのファミリー自動車総合保険は、日本で最初に発売されたリスク細分型自動車保険です。

住まいの地域、免許証の色、年齢・性別、車の使い方、運転者などの条件を細かく分類して、契約者それぞれの異なるリスク(危険度)に合わせて保険料を決めています。

現在では他社も同様のリスク細分化を行っており、他社との違いはあまりなくなってきていますが、アメリカンホーム・ダイレクトの大きな特徴として、「家族内記名運転者限定方式」を採用している事が挙げられます。

家族内記名運転者限定方式においては、記名被保険者の家族の中で「記名運転者」として保険証券に記載された人が運転している場合の事故のみ補償の対象となります。

従って、家族構成によって保険料が変わってくるので、家族構成にかかわらず一律の他社よりも保険料が安くなる可能性があります。もちろん、家族内に運転者が多い場合は逆に高くなることもあり得ますので、見積もりで確認してください。

例えば、自分一人しか運転しない人の場合、自分の分だけの保険料を支払えばよいことになり、通常の家族限定特約付きの契約をするより保険料が安くなる可能性があります。

もちろん家族以外が運転中に起こした事故も保険の対象になる「家族外運転者特約」を追加することはできます。

また、ソニー損保やアクサダイレクトなどと同様、代理店を介在させず中間コストをカットするダイレクト販売方式なので、その分従来型の損保より保険料は安くなっているはずです。

アメリカンホーム・ダイレクトに対応している見積もりサービス

詳細»

チューリッヒ

チューリッヒのスーパー自動車保険は、ソニー損保やアメリカンホーム、アクサなどと同様、代理店を介在させないことに寄る中間コストの削減と、リスク細分化による保険料の適正化を行うことで、割安な保険料を実現しているダイレクト系の自動車保険です。

年齢、地域、使用目的、年間走行距離、免許証の色など、ひとりひとりのリスクに合わせて合理的に保険料を算出しています。

また、チューリッヒは自動車保険顧客満足度調査では2年連続トップの評価を受けており、事故処理・対応についての評価が高いです。

家庭用PCの画面を通して自動車保険の相談(契約、事故)を受付けるテレビ電話「スマートコミュニケーション」を提供するなど、インターネットなのに顔の見える安心感を与えるなど顧客サービスにも力を入れています。

チューリッヒに対応している見積もりサービス

詳細»

ゼネラリ

ゼネラリの自動車保険ロッサは、加入手続きが簡単、手軽で、保険料節約型の自動車保険です。

ロッサでは、契約自動車がRVやミ二バンなどのステーションワゴンなら、保険料が大幅割引されます。
ここで言うステーションワゴンとは、自動車検査証上の車体形状欄に「ステーションワゴン」と記載されている自家用普通乗用車、自家用小型乗用車をいいます。
また、記名被保険者(契約自動車を主に運転する人)の運転免許取得後の経過年数が3年以上なら保険料が安くなります。

上記2条件に当てはまる人は、一度見積りしてみることをお勧めします。

ゼネラリに対応している見積もりサービス

詳細»

全労済

全労済のマイカー共済は、充実した補償と手ごろな掛金で、カーライフをしっかりサポートする自動車総合補償共済です。

全労災のような協同組合は営利を目的とせず、組合員の相互扶助のための事業を行う組織ですから、契約の条件にもよるでしょうが、共済の掛金が損害保険会社の保険料よりも割安になる可能性があると考えられます。

全労済のマイカー共済の無事故割引等級(ノンフリート等級)制度は、他社と比較した場合、低い等級時の割引率は小さいが、高い等級時の割引率が大きいという特徴があります。(長期間無事故の人が有利になっています)
最大等級が22等級(無事故割引64%)まであることも他社にない特色の一つです。(通常は、20等級=60%割引までです)

また、共済金(保険金)支払事故1件につき通常3等級減算となりますが、全労済のマイカー共済の17等級以上の契約については2等級の減算で済みます。

ノンフリート等級の高い人や20等級で無事故割引が頭打ちになっている人は、一度見積もりを取ってみることをお勧めします。

全労済のマイカー共済に対応している見積もりサービス

詳細»

SBI損保

SBI損保の自動車保険は、自動車保険です。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。