全労済

全労済のマイカー共済は、充実した補償と手ごろな掛金で、カーライフをしっかりサポートする自動車総合補償共済です。

全労災のような協同組合は営利を目的とせず、組合員の相互扶助のための事業を行う組織ですから、契約の条件にもよるでしょうが、共済の掛金が損害保険会社の保険料よりも割安になる可能性があると考えられます。

全労済のマイカー共済の無事故割引等級(ノンフリート等級)制度は、他社と比較した場合、低い等級時の割引率は小さいが、高い等級時の割引率が大きいという特徴があります。(長期間無事故の人が有利になっています)
最大等級が22等級(無事故割引64%)まであることも他社にない特色の一つです。(通常は、20等級=60%割引までです)

また、共済金(保険金)支払事故1件につき通常3等級減算となりますが、全労済のマイカー共済の17等級以上の契約については2等級の減算で済みます。

ノンフリート等級の高い人や20等級で無事故割引が頭打ちになっている人は、一度見積もりを取ってみることをお勧めします。

全労済のマイカー共済に対応している見積もりサービス

詳細

基本的担保種目(自動車保険ガイド、任意保険の担保種目参照)はすべて用意されています。

保険料の算出

無事故割引等級制度

最大22等級(無事故割引64%)まであり、長期間無事故のドライバーに有利な設定になっています。

運転者の年齢

運転者の年齢を、「全年齢」、「21歳以上」、「26歳以上」、「30歳以上」、「35歳以上」の5区分に分けて、リスクに応じた保険料を算出します。

特約

搭乗者傷害特約・家族限定補償型

搭乗者傷害の補償の対象となる人を主たる被共済者・配偶者・その同居の親族及び別居の未婚の子に限定する場合、搭乗者傷害特約の掛け金が10%割引となります。

人身傷害補償・被共済自動車搭乗中のみ補償特約

すでに人身傷害補償を付帯した契約に加入している場合で、2台目以降の契約に付けられる特約で、人身傷害補償の掛け金が15%割引となります。

各種サービス

新規加入の補償サービス期間

新規でマイカー共済に加入する場合、申込受付日の翌日を効力開始日として補償が開始されますが、契約期間は効力開始日の属する月の翌月1日から1年間です。効力開始日からその月の月末まではサービス期間として補償されます。(少し得した気分になります)

24時間・365日無料ロードサービス

人身傷害補償または車両損害補償を付帯している契約者が利用可能です。

他に「24時間・365日事故受付サービス」、「緊急の故障やトラブル時の24時間コールサービス」、「現場急行サービス」、「示談交渉サービス」などのサービスがあります。

割引

「運転者家族限定割引」、「ABS割引」、「エコカー割引」、「福祉車両割引」、「新車割引」、「セカンドカー割引」、「複数契約割引」などがあります。(各種割引(自動車保険ガイド)参照)

掛金の支払い

口座振替

掛金は、契約期間開始日の翌月に口座から引き落とされますので、現金を用意する必要がありません。車両の入替などの契約内容の変更(異動手続き)でも保険料は、後日口座振替えで支払います。
初めて全労済に加入する場合は、出資金(¥1,000)が必要になります。共済掛金と合わせて支払います。

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/16831369
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。