損保ジャパン

損保ジャパンのニーズ細分型自動車保険ONE-doは、「えらぶ自動車保険」ではなく「つくる自動車保険」ということをコンセプトにしており、契約条件を細分化することによって一人一人のニーズに合った最適な自動車保険をつくることを可能にしています。

さらに、完全キャッシュレス化された保険料の支払や、契約時の年齢条件の変更予約など、契約手続きを簡単シンプルにしているのが特徴です。

「使用目的(3区分)」、「年齢条件(6区分)」、「免許証の色(2区分)」などの細分化された契約条件によってきめ細かな設計が可能になっていますし、補償内容についても、「人身目撃情報収集費用特約」や「保険料サポート」、「盗難対策費用特約」など新たなサービスが追加されています。

一括見積もりで絞り込んだ上で損保ジャパンに決めた場合には、損保ジャパンのサイトで更に詳細な補償内容を吟味しながら何度か保険料を試算して、自分に最適な契約条件を決定すると良いでしょう。

損保ジャパンに対応している見積もりサービス

詳細

補償の種類

基本的な担保種目はすべて用意されています。

搭乗者傷害保険の医療保険金は部位症状別払いを採用しています(日数払いは採用していません)。

補償内容を拡大する損保ジャパンのオリジナルサービスとして以下のようなものがあります。

人身目撃情報収集費用特約(人身傷害補償保険に自動付帯)

ひき逃げ等の人身傷害事故で被害者が死亡または30日以上入院した場合に、事故の目撃情報等を収集するために支出したビラ代や看板設置費用等について実費で保険金(1事故1被害者につき100万円限度)が支払われます。

保険料サポート(人身傷害補償保険に自動付帯)

記名被保険者が人身傷害補償保険の対象となる事故で30日以上入院した場合に、車に乗れない入院期間中の保険料負担が長期入院時保険金として支払われます。

盗難対策費用特約

契約自動車が盗難や車上狙いの被害にあったことにより、盗難再発防止等のために負担した費用に対して保険金が支払われます。(1事故10万円限度)

保険料の算出

使用目的

車の使用を「日常・レジャー使用」、「通勤・通学使用」、「業務使用」の3つに区分して保険料を設定します。日常・レジャー使用なら保険料が安くなります。

運転する人の年齢

子供以外の同居の家族の中で運転する人のうち最も若い人の年齢を「年齢を問わず」、「21歳以上」、「24歳以上」、「27歳以上」、「30歳以上」、「35歳以上」の6つに分けて保険料を設定します。
更に契約自動車を運転する子供がいる場合は、子供の年齢を「年齢を問わず」、「21歳以上」、「24歳以上」、「27歳以上」、「30歳以上」の5つに分けて保険料を設定します。年齢が高いほど保険料がお得になります。

免許証の色

車を主に運転する人の免許証の色を「ゴールド」とそれ以外に分けて保険料を設定します。運転者年齢条件が「27歳以上」「30歳以上」「35歳以上」の場合、ゴールド免許なら保険料が安くなります。

特約

人身介護パック(人身傷害補償保険に任意付帯)

人身傷害補償保険の対象となる事故で、家族や搭乗者をさらに手厚く守るために以下の3つの特約をセットにしたサービスです。

介護補償特約

介護保険金(1名につき、要介護状態の程度に応じて月額20万円または14万円)およびケアマネジメント費用保険金(年間12万円限度)が支払われます。

ホームヘルパー費用担保特約

家事従事者が入院した場合に、ホームヘルパーを雇い入れる費用が1日当たり15,000円(免責1,000円)を限度に支払われます(総額1名100万円限度)。

学業費用担保特約

扶養者が死亡または重度後遺障害を被り、被扶養者を扶養できなくなった場合に、22歳以下の被扶養者に対し、大学までの入学金・授業料として要した費用が、学校の種類に応じて一定額の範囲内で支払われます。

ららサポート

「ケガ」と「持ち物」の補償内容を充実させる下記の3つの特約のセットプランです(搭乗者傷害保険に任意付帯)。

  • 塔傷顔面手術医療保険金倍額支払い特約
  • 塔傷形成手術費用保険金支払い特約
  • 家族携行品損害担保特約
指定日以降変更特約

年齢条件の変更を、最若年者の誕生日に合わせて、契約時に予約することができます。

各種サービス

スーパー安心サポート(ロードアシスタンス)

事故・故障で自力走行できなくなった場合に、「レッカー」、「緊急修理」、「ガソリン切れ時の給油」のサービスが受けられます。(車両保険または弁護士費用特約付帯のONE-do契約者が対象です)

安心更新サポート

新しいタイプの案内状「安心更新案内」や、契約の更新をうっかり忘れていたような場合でも補償が途切れることがない「契約自動更新機能」などのサポートがあります。

割引

ゴールド免許割引」、「新車割引」、「複数所有新規割引」、「ノンフリート多数割引」、「長期優良契約割引」、「自動車の安全装置などの割引」などがあります。

契約

契約の手続きは、ダイレクトではなく代理店を仲介して行います。

保険料の支払い

口座振替え

保険料は、保険始期の翌月に口座から引き落とされますので、現金を用意する必要がありません。車両の入替などの契約内容の変更(異動手続き)でも保険料は、後日口座振替えで支払います。

払込票による支払

一括払いの場合に、郵便局・コンビニまたはPay-easy利用可能な金融機関で払込票によって支払うことができます。

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/10624847

東京海上日動、シンガポール大手保険買収を発表
Excerpt: 東京海上日動火災保険は19日、シンガポールの大手保険持ち株会社、アジア・ジェネラル・ホールディングスを買収すると正式発表した。5月下旬に同社の株式を15%弱取得し、年度内にも全株を買い取る。最終的な買..
Weblog: 生命保険比較入門
Tracked: 2006-04-20 10:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。